こんにちは。男子部マネージャー 一年の田中美利亜(たなか みりあ)です。今回は新入生の自己紹介ということでブログを書かせていただきます。

出身高校は白梅学園高等学校です。バレーボールは、高校の三年間センターポジションをやっていました。

私がプレーヤーではなくマネージャーをしようと思ったきっかけは、高校三年生のときに膝の靭帯損傷をしてしまったのが一番の原因です。当時は、三年生ということもあり引退が近くあまり休むことなく、プレーを続けたためにうまく完治せずプレーヤーとしてバレーボールを続けていくのが難しくなってしまいました。それでも、大学生になり何らかの形でバレーボールに携わりたいと思ったため、この度マネージャーとして、携わらせていただくことにしました。選手としての経験とは異なる形でチームに貢献することができてとても幸せです。

マネージャーの仕事に慣れておらず先輩方にご迷惑をお掛けしてばかりですが、これから高校での知識と経験を活かして全力でサポートしていきたいと思います。

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。