初めまして。男子部1年の福田光汰(ふくだこうた)です。今回は自己紹介のためブログを書かせていただきます。

出身は兵庫県の灘高校です。一人暮らしを始めてから早2か月が経過しました。一人暮らしをしてみて、家事と課題に追われて常にしなければならないことが山積みという環境でバレーもするのはなかなか大変だなと実感しています。今のところ課題はちゃんと提出できていますし(いつもギリギリですが)、部屋も何とか綺麗な状態を保つことができているのでこのままの生活を維持できるよう頑張ります。先輩曰く1年のSセメスターが一番大変らしいので早く夏休みが来ることを切に願っています。

身長は173cmで、ポジションはミドルブロッカーです。高校からバレーボールを始め、高3で引退する時には助走ありのジャンプでリングまで手が届くようになりました。大学受験を経てジャンプ力が落ちていましたが、最近またリングに届くようになって嬉しかったです。ですが、先輩方のジャンプ力の高さを見てもっと高く跳ぶ必要があるなと感じました。最終的にはあと20cmくらい高く跳べるようになりたいと思います。

自分はサークルで中途半端にバレーを続けるよりも部活で血湧き肉躍るバレーがしたかったため、大学に入る前から運動会のバレー部に入ることは決めていました。実際に先輩方の練習や試合を見る中でこの選択は間違っていなかったと確信しました。先輩方のバレーは技術はもちろんのこと熱意にも溢れており、自分のなりたい姿を体現している存在でした。そんな先輩方と一緒にバレーができるありがたさを胸に日々練習に励もうと思います。

バレーを始めてから現在まで自分が出場した試合で勝った経験がないので、東大バレー部では勝利の喜びを経験したいです。そのためにもまずはベンチ入りできるよう頑張ります。また、他にもサークルに入っているのでそのサークルの活動とバレー、そして学生の本分である勉学のいずれも疎かになることがないよう心がけます。

最後になりましたが、上手くて面倒見の良い先輩方やたくさんの同級生がいる東大バレー部という素晴らしい環境でチームメイトと切磋琢磨して、技術面だけでなく精神面も成長していこうと思います。

拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。