こんにちは。男子部2年、マネージャーの吉田葵です。
今日は男子部のマネージャーの仕事について簡単に説明させていただきます。

普段の練習時は選手のドリンクを作ったり、その日の練習メニューを把握し事前に必要な用具を揃えたり、練習が円滑に進行するようにボール渡しや球拾いを手伝ったりすることなどが主な仕事です。マネージャーが一人いれば、選手はボール渡しや球拾いをマネージャーに任せ、自分のプレーを磨くために時間を有効活用できます。

また、大会時や遠征時はスコアブックをつけたり、自校で大会を開催する時は、受付で他校の方やOBの方とやり取りをし大会がスムーズに進行するように調整を行ったりしています。私は高校の部活でもマネージャーをしていましたが、大会の運営を任されたりするのは大学の部活ならではの事だったので大変ではありますがとても楽しく感じています。

選手とコミュニケーションを深め、チームの状況を理解することも私たちの重要な仕事です。部員とマネージャーという線で区切るのではなく自分たちもチームの一員として一つの目標に向かって足並みを揃えていくことが大切だと思っています。私たちの仕事はただの雑用として見られがちですが、選手が気持ちよくプレーできる環境を作り上げることは非常に大切なことであり、私はこの仕事にとてもやりがいを感じています。

東大バレー部のマネージャーに興味のある人はぜひ一度練習に参加してみてください!お待ちしています。

2年M 吉田